ニュース

【青戸】就職活動~障がい者雇用はじめの一歩~

%e5%b0%b1%e5%8a%b42021/07/08

就職活動~はじめの一歩~

こんにちは、テイクハート青戸スタッフです。

 

今回は問いかけからスタート!

一般枠と障がい者枠での就労で悩まれていませんか??

実際にテイクハートに通所している方、(通所していた方)も同様のお悩みを抱える方は少なくなりません。

そこで本日は、就職活動~障がい者雇用はじめの一歩~

についてお話をさせて頂きます☆

 

◇そもそも、障がい者雇用って??

企業や自治体などが、障害をもつ方のみを対象とした特別な雇用枠「障害者雇用枠」で障害のある人を雇用することです。

 

障害のある人が障害のない人と同様に就職活動をしようとしても、不利になってしまう場合があります。

そこで、障害のある人が働く機会を得やすくするために設けられたものが障害者雇用枠です。

障害者雇用の対象となるのは原則として、障害者手帳を持っている人です。

以前は身体障害のある人と知的障害のある人に限られていましたが、2018年より精神疾患のある人も対象に加わりました。

 

 

◇障がい者枠で働くメリットは??

障害者雇用の場合は、障害があることがわかったうえで雇用されるため、障害の特性や体調などへの配慮を受けやすくなります。

こちらは「合理的配慮」と呼ばれるもので、実習前や面談時にも必ずといってよいほど質問をされます。

 

実際の配慮事項をご紹介☆

例)

身体障害の方

・車椅子を使っている人が通勤ラッシュを避けて通勤できるよう、時差出勤を許可する

・視覚障害のある人が作業しやすいよう、拡大読書器や音声読み上げソフトなどの支援機器を導入する

 

精神疾患の方

・体調や通院、服薬の必要性に応じて、勤務時間や休憩時間、休暇などを調整する

・障害の特性や体調などの情報を、プライバシーに配慮しつつ職場に周知することでサポート体制を整えておく

 

 

◇障がい者雇用を考えた時のはじめの一歩

障害のある人にとって障害者雇用は、いくつかある働き方のうちのひとつです。

それぞれの働き方のメリットとデメリットを比べながら、自分に合う働き方の形を探してみてください。

 

また、障害者雇用の求人を探す際は、ハローワークや障害者職業センターの他に、就労移行支援なども利用することができます。

就労移行支援事業所のテイクハートでも、就職相談などのアドバイスから、求人紹介、書類準備のサポートなど、多岐にわたり就労を応援してまいります。

 

 

◇おまけ

就労準備の為の講座・イベント紹介

本日は曼荼羅シートを利用しての自己分析を行いました!

メジャーリーガー大谷選手が作った曼荼羅なども参考に、なりたい自分像、理想の将来を考えていきました☆

将来○○の仕事をしたい!そのために~を訓練して身に付けて行きたい!

といったイメージを各々考えていきました。

こうした自己分析も一人で行うと視野が狭くなってしまうこともありますが、スタッフらと共に行うことで新たな自分も発見できるはず。

 

◇さいごに

障害をお持ちの方が就職活動をされる際に最重要視したいことは『入社後に長く働ける環境』と出会うことです!

お給料などの条件面が高いところも魅力的とは思いますが、より良好な人間関係を築ける職場を探すこと、自らの障害の特性をきちんと理解してくれ、一定の配慮の中で安心して働ける環境と出会うことを第一に考えることをおすすめします。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

見学・体験の申し込みは

ホームページの問い合わせフォーム

メール・お電話からどうぞ!

【就労移行支援事業所テイクハート青戸】

TEL:03-6657-6525

mail:info@takeheart.or.jp

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

障がい者ドットコム
テイクハート青戸のページ
(リンク)
https://shohgaisha.com/grown_up/detail?id=14668