ニュース

【利用者さん作成】「職場体験実習を終えて」

%e5%b0%b1%e5%8a%b42020/10/07

こんにちは!利用者のSETです。

今回は、職場体験実習を終えて、振り返りを兼ねて皆様に経験を共有したいと思います。
全体を振り返って改めて思うことは、「実習に行かせて頂けて良かった!」に尽きますね。

仕事内容としては、主に事務系のお仕事を中心にさせていただきました。
その職場(施設)を利用されるご利用者様に関する情報を、システムにデータ入力していくのですが、最初はとても大変でした。
今までの実務経験でエクセルやワードを使う機会は多かったので、そこまで苦戦しないだろうと思っていました。
しかし今回の実習ではその職場で独自利用されているシステムにデータ入力させていただく内容だったので、はじめは分厚いマニュアルを最初から丁寧に読み解いていく所から始めました。

読み進めながら、適宜不明点を近くにいるスタッフの方々に質問しながら理解していきましたが、実習を終えてからのフィードバックでは、そういった周りの方と関わりながら問題解決していく姿勢を評価していただけました。
どんな職場であっても、これが出来ることはとても大切だろうと思います。

一方で、その職場の性質上、ご利用者様と接する機会も度々ありましたが、私にとってはここが一番体力を使ったポイントでした。
今までにも接客の経験はあるものの、ブランクが長かったことと、当時よりも一定低下してしまった体力だったこともあり、想定よりも気疲れしてしまっている自分に初めて気が付けました。
きっと実習に行かなければ、そういった過去の自分との差異には気が付けなかったと思います。

最後に、これから実習に行かれる方がこの記事をお読みになっているとしたら、是非考えておいてほしいことがあります。
それは、予め自身の長所短所を把握した上で実習に参加し、実際に働いてみてそれらをどれだけ生かせたか、あるいはカバーできたかをしっかり覚えておくことです。
その実習先で就職することになったとしても、そうでないにしても、必ずその気づきは次へつながります。

今回はここまでにしておきます。それでは。