ニュース

利用者さんブログ★ハニワ作り

news2020/06/29

6月27日土曜日の講座は、なんとハニワ作り!
スタッフ林さんが陶芸大好きということで、
ハニワ用の粘土まで用意してくださいました。本格的!

☜これです。

 

ハニワは大昔、地位の高い人を埋葬する際に
一緒に埋めるために作られた物だそうです。

 

 

ちなみに土偶は最古のフィギュアだそうです。
今も昔も好きな人はいるものですね。

 

最初に基本的なハニワの作り方動画をみんなで見て、
その後は各々思うままに粘土をコネコネ。

 

真剣。

 

形を作る前に粘土の塊を20回ぐらいこねるのですが、
結構力が必要でした。

 

粘土をこねていると、とても懐かしい気持ちになりました。

 

童心に帰るような感覚。不思議です。

 

そういえば土の中に手を突っ込むと
ひんやりして気持ちが良いですよね。

 

母なる大地。土は偉大。

 

 

 

 

そして出来上がったみなさんの力作がこちら☟

個性が出ますね。

左前方にあるのはテラコッタという粘土を使った作品。

 

本物のジャガイモにそっくり過ぎて、
まな板の上に置いても違和感ないレベル。

 

右前方はスタッフ曽我部さんの本格的なハニワ様。

 

奥に見えるのはドラ●ンボールの一星球(イーシンチュウ)でしょうか。
あと6つ集めなきゃ…。

 

小さいハニワも可愛いです、テレビ台の前に置いておきたいサイズ感。

 

サイコロ、転がしたくなります。(割れます)

 

左奥は…スライムかな?

 

もう少しアップで見てみましょう。

右側のふにゃっとしたフォルムが愛らしいです。

左はお相撲さんに転職したウルトラマンみたいで、貫禄があります。

ドスコイ。

 

それと、時間を目一杯使ってなんとか完成させた
あまびえ&友達のシャチホコ☟

※かなりデフォルメを効かせたものです。

実物とは大分異なりますがご了承下さい。

 

 

こんな感じで、正統派のハニワを作る人はほとんどいませんでした。

でも、一人ひとり何ができるかお楽しみというのも素敵だと思います。

 

想像以上に無心になれるので、モノ作りが好きな方におススメです。

楽しい一日でした!

 

テイクハート利用者 Daiz

 

 

利用者さんブログ★「おとなの言い回し」講座

news2020/06/23

テイクハート我孫子には、

20代から60代まで幅広い利用者さんがいます。

私にとっては、年代を超越した仲間たち。

訓練の合間に話すちょっとした事も楽しいです。

 

さて、社会に出たばかりの人で「おとなの言い回し」がよくわからない人がいるでしょう。

逆に会社生活が長かったけれど「おとなの言い回し」が苦手な人もいるでしょう。

私も「あ~、今失言してしまった~」ということもしばしばです。

 

今日は、テイクハート我孫子の「頼られ番長」鈴木さんが「おとなの言い回し」を

レクチャーしてくださいました。

 

例えば、ビジネスのあらゆる場面で不可欠な「お願い」。

言い回し次第で、相手の印象は大きく変わります。

営業トークの基本ともいえますね。

 

①目上の人に頼み事をする時

「お忙しいところ誠に恐縮ですが…」

ぜひ、言い出しに使いたいですね。

 

また、こんな例もあります。

「経験豊富な○○先輩にぜひ、お願いしたくお声がけしました」

「他ならぬ○○先輩だからこそ、お願いしています」

 

ちょっと歯の浮くようなセリフですが、相手の印象度はぐんとアップするでしょう。

 

 

②質問する時

「今、お時間よろしいでしょうか?」

相手が忙しいかもしれません。

そんな時は「お時間5分ほどよろしいでしょうか?」などもいい例です。

「○○の件ですが、その後の状況を教えていただけますか?」も丁寧です。

 

 

③招待する時

 

取引先の人を自社のイベントに招待する時は、

「ご参加賜り(たまわり)ますようお願いいたします」

「ご都合がよろしければご来臨(らいりん)ください」

ちょっと堅そうですね。「ご足労」でもいいのでは?という意見もでました。

 

 

先輩や他社の人たちの言い回しで「今度、自分も使ってみよう」と思うこともあるでしょうね。スマートな会話でおとなの言い回しを使いこなしたいです。

 

 

利用者・KIKI

 

 

♥♥テイクハート我孫子では6・7月生大募集♥♥
WEBから24時間資料請求OK→こちら
お電話のお問合せ・資料請求→ ☎04-7196-7035
※現在、平日9-17時・土曜祝日9-16時の短縮営業となっております。
日曜日はお休みとなっておりますのでご注意下さい。

1 2